不動産登記法改正


時代の流れとともに、土地の価値や重要性が変わってきています
かつては土地を相続することは、多くの人にとって喜ばしいことでした…
今日ではその価値が変わりつつあるのが現実ですね

歴史を振り返ると、相続登記の手続は一時期「任意」として取り扱われていたそうで
戦後の日本が経済的に急成長し✨
人口も増加し👩
土地の所有は資産価値として🌳
とても重要な要素とみなされていた

しかし❢❢バブル崩壊後
不動産価格の下落、少子高齢化、地方の過疎化…
などの社会変動により、土地の価値観が大きく変わってしまい👀
価格が低い土地に対する相続登記の手間や費用を考えると💴
多くの人々が登記手続きを避けるようになってしまいました💦

具体的には、土地の共有や財産管理に関する制度が見直され
相続登記や住所変更登記の手続きが簡易化・合理化
さらに、相続土地の国庫帰属制度が新たに導入されて
2024年4月1日から不動産登記が改正され
『相続登記の申請』が法的義務となりました📚

では🎵分かりやすくマンガで見てみましょ~う⤴⤴









相続登記の義務化に加えて、
土地を相続することで生じる様々な負担を軽減するためのルール作りが
少しずつ進められているようですね❢❢

今回、法務省から引用しております
詳しく記載がありますので、ご確認下さい✋





別の記事

  • 令和6年7月3日、新しいお札が発行!

  • ~7月営業日~

  • ~6月営業日~